バンビオとは

HOME > バンビオとは

バンビオ・イメージ

バンビオとは

「バンビオ」は、JR東海道線京都・大阪間に存する長岡京駅西口に完成した再開発ビル4棟の内の1番館(公共公益棟)と2番館(商業棟)の総称です。

「バンビオ」とは広く市内外の公募により選ばれた愛称で、長岡京市の特産「竹」・「タケノコ」の「バンブー(英語)」と、再開発で生まれた「地域交流の場」の「交流」という言葉の「スカンビオ(イタリア語)」を合成した愛称です。

bambio

右の「バンビオ」のシンボルマークは、再開発によって伸びゆく街の将来性や、人の交流や調和を表現しています。人の和(輪)を円で表わし、市の特産のタケノコを題材にデフォルメしています。また、中の曲線はタケノコの皮の形の他、人や街のつながりを意味します。使用している4色は「様々な世代の人が交流するイメージ」と同時に
「緑」…西山の豊かな緑
「青」…市内を流れる川の水の潤い
「黄」…陽光が降りそそぐ街
「赤」…長岡京市民の活力
これらが交差する街を表現しています。

バンビオ・イメージ

長岡京市営 長岡京駅西駐車場 詳細版はこちら 簡単なご案内はこちら